2008年12月14日

Metasequoia Ver2.4.9 & SDK Rev2.49 公開

前から予告していたVer2.4系列の最新版を公開しました。細かい不具合および細部の調整、SDKの仕様の拡張などが行われていますが、機能的には変わっていません。より安定したバージョンとしてご利用ください。主な変更点は以下の通り:

・オブジェクトパネルで階層変更時などにリストの表示位置を保持するように
・編集オプション'L'のショートカットキー設定が効いていなかった不具合を修正。
・[ワイヤー]の三角形面張りで対称編集時にエラーが発生することがある不具合を修正。
・X出力時に頂点カラーの設定が正しく適用されていなかった不具合を修正。
・LWO入力で5角形以上のポリゴンを含む場合にポリゴンへのマテリアルの割り当てが崩れる不具合を修正。
・ファイルの種類を変更したときにファイル名欄内の拡張子が自動的に変更されるように。
・D3D表示でテクスチャ+半透明マテリアルを正しく表示されるように。
・鏡面などのフリーズ後のオブジェクトにUV以外のマッピングが正しく適用されていなかった不具合を修正。
・プラグインからの不正な命令呼び出しに対するエラーチェック強化。

SDKも同時に更新していますが、以前にプレリリース版として公開いたものと内容はまったく同一です。
10か月間の間にだいぶ溜まっていた未修正項目も一気に改善されたので、次はLE版で同じ修正内容のものを公開かなと。

Ver2.5系列についてはスケジュール等は一切未定ですが、派手な機能を追加する予定はまったくなく、たぶん年末年始にまた手を少し入れて地道に使い勝手を上げていくと思います。
posted by O.Mizno at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24280956

この記事へのトラックバック