2010年10月02日

Metasequoia Ver3.0 Alpha2公開

Ver3.0のAlpha版を更新しました。今回はスカルプトは高速化だけですが、その他の機能面でも連続する辺の選択や、頂点カラーのブラシ描画ができるようになりました。

スカルプトは新しめのCPUだとポリゴン数20〜30万程度ならだいぶ軽く動作するようになりました。しかし50万を超えるとちょっと重たいです。さらなる高速化と、あと書き味になる部分がまだ全然手をつけてないので、今後の課題がかなり大きいです。

一応スカルプトがVer3.0の目玉ではありますが、基本的なポリゴン編集機能の強化も忘れてはいません。むしろスカルプトで大量のポリゴンが扱えるようになった分、選択機能なども強化する必要が出てきたとも言えます。

しかし、今のペースで開発しているとスカルプトがまともに使えるレベルになるのはいつになるやら。スカルプトがなくても全体的な表示高速化など色々メリットがあるので、適当なタイミングでいったん正式リリースしたほうがいい気がしてきました。今回はAlpha扱いですが、Betaや正式版への昇格は割と短いステップで行うかもしれません。
posted by O.Mizno at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41058646

この記事へのトラックバック