2010年10月31日

Polygon Mesh Processing


久しぶりに洋書を購入しました。Amazonがページだけ用意してて注文受け付けてないものだから、他の書店で買うというのも久々です。在庫がないので海外の取次ぎ経由にも関わらず、注文からたった半月くらいで届きました。一昔と違って国内の大手書店のWeb通販もなかなか侮れないですね。

"Polygon Mesh Processing"という本、タイトルの通りポリゴンメッシュの処理についての本ですが、著者が仏INRIAのLevy氏のグループ。Levy氏と言えばテクスチャUV自動展開のLSCM(Least Square Conformal Map)やそれに用いられる疎行列線形ソルバーOpenNLが有名だと思いますが、やはりこの本も氏のグループの研究を色濃く反映した内容で、今までにありがちなCAD系の形状処理本とはまた違った感じになっています。

しかし、メッシュのパラメータ化や修復、変形処理などをたった200ページ程に収めるのはちょっと無理があるというか、全体にさらっと流していて後はReferenceを参照という感じなので、深いこと知りたいなら直接論文読んだ方がいいかも。学生や若手研究者が読むための教科書ですな。ソースコードはほとんどなく数式の羅列なので、数学が苦手な自分は内容をほとんど理解できてませんが・・・。

もっとも内容を理解しなくても、同グループではGraphiteというオープンソースのソフトを公開していて、本に書かれている内容のうち少なくともいくつかは実際に試すことができます。CGALなんかもそうですが、ライブラリの充実したプラットフォームとしてのオープンソースのソフトが増えてきたなと思います。GPLとかのライセンスさえ気にならなければ、もはや個人や弱小研究室レベルでちまちま自前ライブラリを構築より、こういった既存のプラットフォームを利用したほうが遥かによいソフトが作れるだろうなという気がします。


posted by O.Mizno at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | CG
この記事へのコメント
モデリングの第一ツールとしての地位はすでに確立しています。

みんなkeynoteとの連携を楽しみにしてます。

これからはアニメーション機能の拡充に期待しています。

動く液体、煙など。

静止画で綺麗なレベルよりも、上手い動画なのです。

宜しくお願いいたします。
Posted by keynote at 2010年12月24日 00:56
メタセコイアでのスカルプト実装についてですが、私には少々無謀のように思えます。
ローポリ編集用として人気のあるメタセコイアと超ハイポリの扱いが必須になるスカルプトでは基本的に相性が悪く、また始めからスカルプトに最適化された専用ツールに比べてもパフォーマンスを確保しにくいのではないでしょうか。

さらに実用的なスカルプトツールの実装には、ハイポリをローポリに落とすためのリトポロジ機能やテクスチャベイク機能も必須となり、実装コード量もケタ違いに多くなるはずです。

そこでご提案なのですが、ポリゴンベースではなく、ノーマルマップベースの簡易的なスカルプトに対応してはいかがでしょうか。
具体的には3D-Coatのピクセルペイントと同等の機能となりますが、3Dペイントを利用してリアルタイムにノーマルマップに凹凸を描き込むというものです。
この手法であれば基本機能を大きく拡張することなく、ペイント機能の延長として実装することが可能です。またこの機会に3Dペイントの拡張(レイヤやメタセコ側でのテクスチャ生成)を行うのも良いと思います。

この手法の利点としましては、既存の機能を大きく拡張することなく実装出来る点、十分なパフォーマンスを確保出来る可能性が高い点、テクスチャベイクやリトポロジの実装がいらなくなる点等があります。テクスチャプロジェクション等を利用すれば、必要十分なディティールも確保出来るかと思います。
また既存のスカルプトツールに対するアドバンテージとして、優秀なポリゴンモデラーを備える点で、組み合わせて使うことで既存のスカルプトツールを超える利便性を見いだせる可能性があります。ゲーム、映像用モデラーとしても実用的です。

大変おせっかいで失礼な提案かと思いますが、こういう意見もあるという参考程度に受け取っていただけると幸いです。あれこれ書きましたが長年メタセコを利用させていただいている者として、陰ながら応援させていただいております。頑張ってください。
それでは大変長くなりましたがこれで失礼します。
Posted by re at 2011年02月08日 16:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41546350

この記事へのトラックバック