2006年10月15日

BBS更新

β版用掲示板ですが、CGIを新しいものに差し替えました。といっても、ユーザーの方から見ればほとんど何も変わっていません。こちらで管理がしやすいよう「対応済み」「対応不要」などの状態指定をできるようにしただけです。

一応デバッグはしたつもりですが、おかしなバグが紛れ込んだ可能性もありますので、もし掲示板にうまく書き込めないとか表示がおかしいなどのトラブルがありましたら、このブログのコメントにでも症状をお寄せ下さい。よろしくお願いします。

ちなみに、「対応済み」などが付いているツリーにレスをつけると、「対応済み」でなくなりますが、こちらで必要に応じて状態を変えますので、気にしないでください。

また、状態を指定しているのは今のところ最近の数件のみだけです。そのうちログを全部チェックして状態を変えますが、時間に余裕のあるときにします。件数が多いのでかなり気合を入れないとできなさそうだ。
posted by O.Mizno at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年09月23日

Metasequoia Ver2.5 Beta4

マザーボードをいったん元に戻し、気を取り直して最新のβ版を公開。今回はBBSに挙がっていた不具合の修正がほとんどです。

これにもう少し改良を加えたものがVer2.4.1となります。Ver2.5のβという名称もいったんキャンセルとなるので、次のメジャーバージョンがVer2.5なのかVer3.0なのかは未定です。昔から使い勝手の悪い箇所に加えて、ローカル座標が追加された結果、全体にまとまりがなくなりつつあるので、一通り見直しながらVer2.4.xを出していくことになりそうです。
posted by O.Mizno at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年09月03日

Metasequoia Ver2.5 Beta3

Ver2.5 Beta3を公開しました。更新内容は以下、

・ペイントパネルで2の累乗以外のサイズのテクスチャ画像もオリジナル解像度のままで表示・編集できるように。
・[ペイント]でUVがつながっていない面をまたいで描画する場合、おかしな位置に描画されないように。
・回転ハンドルが3方向軸の場合、外側のリングより軸の操作が優先されるように。
・その他細かい修正

大昔からおまけ以下と言われ続けてきたペイント機能ですが、少し手を入れました。UVがばらばらになっている面上を3Dペイントしても変に飛んだりしないし、テクスチャのサイズも自由になったので、これで「おまけレベルでも当たりを付けるには十分」くらいにはなったかなと思っているのですが、どうでしょうか?

当面は機能強化というよりかは弱点の改善に目を向けていくつもりです。不具合もいくつか出てきているので、そろそろVer2.4.1の準備も始めないといけないですね。
posted by O.Mizno at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年08月20日

Metasequoia Ver2.5 Beta2

Ver2.5の開発も地道にやっております。Beta2での変更点は以下の通り、

・[視点の回転方式]を追加し、トラックボール方式の視野回転ができるように。
・[ブラシ選択]でAltキーを押しながらドラッグして半径を設定できるように。
・[回転][ローカル]などの回転ハンドルの外側に視点方向に対して回転するリングを追加。
・三面図を透視表示に切り替えられるように。
・その他、細かい修正

あと、シオビさんがプラグインを作られましたので、リンクを追加しました。新しいプラグイン開発者の登場を喜ぶ一方で、プラグインページからリンク切れのページも生じているに気づいてorz。何らかの事情でサイトをたたまれる場合、プラグインだけでも残したいので、願わくば一言ご相談いただければと思うのですが…
posted by O.Mizno at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年07月30日

Metasequoia Ver2.5 Beta1

まだVer2.4.0をリリースしてから間もないですが、Ver2.5 Beta1をリリースしてみました。

変更箇所は、Vista Beta2での動作安定と、マグネットや格子変形でハンドルが使えるようになった、などです。

今回の更新内容はVer2.4.1以降にも反映されるかもしれません。今まで0.1単位で機能追加や改良を行い、0.0.1の単位ではほとんどバグ修正のみでしたが、このやり方だとVer2.4がそうだったように、未完成の機能が残っていると既に完成している他の改良箇所が安定版でなかなか利用できませんでした。β版を使わない人のほうが多いみたいなので、新機能を出来るだけ早く安心して利用できる形を取れればと考えています。
posted by O.Mizno at 16:06| Comment(1) | TrackBack(0) | metaseq

2006年07月27日

プラグインSDK Rev2.40

Metasequoia Ver2.4.0向けのプラグインSDKを公開しました。

プレビュー版をお試しの方は既にご存知かと思いますが、今回から常駐型プラグインをサポートしました。これにより、メタセコイア本体の挙動を常に監視しながら、何らかのイベント発生時に特定の処理を行ったり、主にガイド用の形状データを画面に描画することができるようになりました。また、プラグインが管理するデータをMQOファイルの保存と同時にXMLファイルに保存し、MQOファイル読み込み時にXMLファイルのデータを取り込むことも可能です。これにより、プラグインで出来ることが従来より大きく広がったのではないかと思います。

プラグインの開発は、現在Microsoftから無償で提供されているVisual Studio 2005 Express Editionでも行うことができます。昔に比べるとだいぶC++での開発を行うのも敷居が低くなったと思います。特に学生など若い人が、せっかくだからプラグインを開発してみようかなと思うことを期待しています。
posted by O.Mizno at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年07月25日

Metasequoia Ver2.4.0 正式公開

Ver2.4系列の初の正式版となるVer2.4.0をリリースしました。

改めてVer2.4の主要な新機能を挙げると、
・ローカル座標編集
・ハイライト表示
・Pythonスクリプト
・アニメ調のトゥーンレンダリング
・Susieプラグイン対応
などがありますが、細かい改良点も含めると100件を遥かに超える数となる、非常に充実したバージョンアップではないかと思っております。

調べるとVer2.3.0のリリースが2003年10月となっていますので、約3年ぶりの大幅更新となるわけですが、その間にPCや3DCGに関係する情勢も大きくはないけれども着実に進歩を遂げています。メタセコイアは個人開発のソフトウェアですので、市場の動向にはあまり左右されず、むしろただの個人的な事情で動いており、最先端でもなければ時代の潮流に合わさったものでもないですが、使っていただく方が少しでも満足の出来るようなものにしていきたいと思っています。

今回、一つの節目としてVer2.4のリリースに何とか漕ぎ付くことができました。開発の過程でβ版についてご意見いただいた方には深く感謝するとともに、今後も引き続きより良いソフトウェアであり続けるために、さらなる発展のためのご協力を仰ぎたいと思いますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

なお、SDKやLE版については準備中ですので、追ってリリースをお待ちください。
posted by O.Mizno at 12:24| Comment(7) | TrackBack(1) | metaseq

2006年07月19日

Metasequoia Ver2.4 RC8

結局RC8を公開しました。変更点は、Administrator権限のない一般ユーザーでも問題なく使えるようにしたとか、その他細かい修正点です。

今回はインストーラ付のexe版も用意しました。今までシェアウェア版はzip版のみでしたが、Ver2.4からはインストーラ版も用意されます。もちろん、今までどおりのzip版もありますので、どこでも適当に好きなフォルダへ入れたり、後でフォルダを移動したり、USBメモリに入れて持ち歩いたりもできます。
posted by O.Mizno at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年07月18日

うーん

まだ多少改変を加えているので、念のためRC8出すかも。下手にバグを入れてしまって、いきなりVer2.4.1にアップとかはしたくないですしね。

正式版リリースは週末を予定。
posted by O.Mizno at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年07月16日

Metasequoia Ver2.4 RC7

RC7を公開しました。アップデート検知機能のテストを兼ねているだけで、別にアップデートが必要というほどでもないですが、変更内容は下記、

・[マグネット]のショートカットキーを連続で押しても範囲指定ができない不具合を修正。
・スクリプト周りの修正いくつか

BBSに未修正の不具合(特に特定のビデオカードでのみ起こるもの)が残っていますが、環境に依存しない内部的なものでは致命的なものはなさそうなので、多分RC7がこのままバージョン番号だけ変えてVer2.4.0となりそうです。
posted by O.Mizno at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年07月13日

Metasequoia Ver2.4 RC6

RC6を公開しました。変更点は以下、

・[アップデートのチェック]を追加。
・オブジェクトパネルの右クリックメニューの鏡像のチェック状態がおかしかったのを修正。
・[選択]の[現物選択]でカレント以外のオブジェクトの淡色表示などが切り替わらないのを修正。
・ソフトウェア表示で[頂点を平ら・凸凹にする]などの値調整時に画面がちらつかないように。
・LWO出力でテクスチャを相対パスでも保存できるように。

次のリリースはRC7か、あるいは特に大きな問題がなさそうならいよいよ正式版となります。

SDKは今回で最終仕様となりますが、プラグインの配布は正式版のSDKが出てからでお願いします。
posted by O.Mizno at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年07月05日

Metasequoia Ver2.4 RC5

RC5を公開しました。更新内容を以下の通り、

・オブジェクト・材質パネル上でホイールが回されたらリストをスクロールさせるように。
・操作パネルからの回転操作を対称編集に対応。
・[視点の設定]で値を変更するとズームが勝手に1000に変わってしまう不具合を修正。
・[格子]コマンドのハンドルが使えなくなっていたのを修正。
・[UV操作]でマッピング画像の明度を指定できるように
・三面図上の[点][辺][面]ボタンを右クリックしたとき面も排他選択されるように。
・3DS出力でオブジェクト・材質・テクスチャ名が長い場合は警告メッセージを表示するように。
・MQO以外のファイルの関連付け起動でエラーが発生する不具合を修正。

本体は細かい修正ばかりですが、同時公開のSDKはファイルの保存・読み込み時に常駐プラグイン独自のパラメータを外部XMLファイル(.mqxファイル)に保存できるようになりました。

SDKも更新を続けるときりがないので、仕様としてはひとまずこれくらいでフィックスしようと思うのですがいかかでしょうか? >開発者の方

誰かが何かプラグインを作るうちに、こういったAPIが必要という意見を上げてこないことには、柔軟性の高いSDKを作るというのはなかなか難しいと思うのですね。不必要に機能を用意しすぎて、後で互換性が失われることになっても意味がないですし。

大まかな部分で特に要望がなければ、いったん今の仕様でVer2.4.0用SDKをオープンにして、後でVer2.4.xなりVer2.5で順次仕様の拡張をしていきますのでよろしく。次のVer2.5ではまずマウスメッセージ対応かな。
posted by O.Mizno at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | metaseq

2006年07月02日

RC4向けSDK

Ver2.4 RC4向けのプラグインSDKをアップしました。

今回のアップデートでは、オブジェクト・マテリアルにもユニークIDが割り当てられるようになっています。メッセージの種類も若干増えました。

また、常駐プラグインに送られてくるメッセージを一覧表示するStationSpyがサンプルとして追加されています。どのタイミングでメッセージが発行されるか確認用にお使いください。

仕様はまだ確定ではありません。提案などある方は引き続きBBSへどうぞ。
posted by O.Mizno at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年06月30日

Metasequoia Ver2.4 RC4

更新内容は以下、

・[ワイヤー]の[辺の間に頂点挿入]でShiftを押しながらで辺の中心に、Ctrlで辺の上に作成するように変更。
・三面図上でハイライト表示された面を半透明で表示するように。
・ソフトウェア表示で下絵を大きく拡大するとエラーが発生するのを修正。
・Direct3D表示で下絵を大きく拡大したときに表示が乱れることがある現象を修正。
・関連付け起動でエラーが発生する不具合を修正。
・その他細かい修正変更

関連付け起動のエラーもそうだったのですが、プラグインAPI整備のために内部構造が色々変わって、そのため新しいバグが混入している可能性があります。もし何かお気づきの点ありましたらご報告を…。

あと、BBSにも何件か挙がっていますが、表示周りにまだいくつか問題が残っています。RC4である程度直したのですが、特定のビデオカードでのみ起こる問題は検証もできないので、対処には時間がかかりそうです。

RC4向けのSDKは本体に遅れてリリースします。
posted by O.Mizno at 14:16| Comment(1) | TrackBack(0) | metaseq

2006年06月26日

バージョンアップの扱いについて

最近ちらほらと問い合わせが来るのですが、まもなく正式公開予定のVer2.4は従来のシリアルIDがそのまま使えます。ですので、購入を検討しておられる方はVer2.4のリリースを待ったりする必要はありません。

バージョンアップ料が必要になることもありませんが、何年もお使い続けていただいている方からのバージョンアップ料代わりの寄付を拒むこともありませんよ、と書いてみるテスト。
posted by O.Mizno at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年06月22日

Metasequoia Ver2.4 RC3

最新のリリース候補版を公開しました。更新内容は以下の通り、

・材質設定でマッピング画像変更時に既にファイルが指定されていれば、そのファイルのあるフォルダを初期位置に。
・ショートカットの設定でキーが重複でもサブコマンド間など優先順位が異なる場合は違うメッセージを表示するように。
・OBJ出力でmtllibを記述し、他ソフトで正しくマテリアルを読み込めるように。
・パレット付きPNGファイルを読み込むとエラーが発生する不具合を修正。
・Direct3D/ソフトウェアでスムージング表示無効時に頂点カラーが正しく表示されないのを修正。
・視野角の定義を0〜180度の範囲に変更。
・コマンド内の動作切り替えショートカットは現在のコマンドを最優先に。
・Windows2000/98などで小さいサイズのアイコンの色がおかしくならないように。
・その他細かい修正

視野角は今まで定義を間違えていたようで、なんで最大90度にしていたんだろう…。

併せてプラグインSDKと常駐型プラグインサンプルも更新しています。前のRC版向けの常駐型プラグインとは互換性がないため、必ず同時に更新してください。今回の更新で常駐型プラグインから独自の描画オブジェクトを挿入できるようになっていますが、仕様はまだ暫定的なもので、今後も仕様変更が続く可能性が高いのでご注意を。

β版BBSに挙がっている要修正の項目がまだいくつか残っているので、今後も最低一回以上はRC版がリリースされます。
posted by O.Mizno at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年06月21日

RC3準備中

スタイルファイル募集中と書きながら、スタイルの記述法を解説したドキュメントが存在しないことに今更ながら気づく。

ヘルプも内容的に古くなっている箇所が多いので、本当なら全面的な見直しをしたいけれど、どう変えたら良いか悩んだまま、結局細かい手直しになってしまいそう。

プラグインSDKもいったんAPIとして公開したら後で容易に変更できないので、常駐型プラグインについては出来る限り万全を期したいけど、内部構造の古さに足を引っ張られて仕様が二転三転。

公開直前のデバッグ段階で色々とバグが見つかったりで、今日中のリリースは無理か。
posted by O.Mizno at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2006年06月15日

引き続きスタイルファイル募集

今回のRC2でd00ハラダさんからいただいたスタイルファイルを添付しました。快いご提供ありがとうございます。

スタイルファイルはまだまだ引き続き募集中です。他にお作りの方がもしいらっしゃいましたらご提供いただけると大変嬉しく思いますので、よろしくお願いします。本当は自分で作れる技量があればいいんですが…
posted by O.Mizno at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

Metasequoia Ver2.4 RC2 & SDK Rev2.4 RC2

リリース候補の最新版と、それに対応したプラグインSDKを公開しました。RC2での変更内容は以下の通り、

・オブジェクトパネルでドラッグでの可視・固定設定で子階層にも反映するように。
・子を持たないオブジェクトの階層折りたたみ表示を淡く。
・[ワイヤー]の[辺の間に頂点挿入]で対称中心にある辺に挿入するとエラーが発生するのを修正。
・[UV操作]でマッピング画像をかなり拡大したときに表示がずれたりすることがあるのを修正。
・[UV操作]のキー設定を環境設定内のショートカットキー設定ダイアログへ移動。
・[位置・サイズを記録して次回起動時に適用]でウインドウを最大化する前のサイズが正しく記録されるように。
・入門モードに不必要な項目は表示しないように。
・常駐型プラグインに試験対応。

今回から最新のプラグインSDKを利用して常駐型プラグインが作れるようになっています。サンプルコードも併せて公開しましたが、本体とプラグインとの相互通信がまだ不完全で動作に問題があるため、試験的なものであることをご了解ください。常駐型プラグインの正式採用はVer2.4.0より後のバージョンとなる可能性もありますが、仕様についてご意見をお持ちの方はβ掲示板への書き込みか、またはメールください。
posted by O.Mizno at 13:52| Comment(0) | TrackBack(1) | metaseq

PayPalでの支払いについて

これまではメタセコイアの登録料の振込みは銀行口座のみでしたが、PayPalアカウントをお持ちの方については、PayPal経由での送金も受け付けることにしました。PayPalではクレジットカードでの決済が可能ですので、もしお近くに銀行がなかったり、営業時間に行けなかったりした方で、PayPalのほうが便利だという方がいらっしゃいましたら、メールにてお問い合わせください。

PayPal自体は便利なのですが、英語が読めない方には利用しづらいサービスかもしれません。PayPalでのアカウント取得の手続きなど、PayPalそのもののご利用法についてはお問い合わせいただいてもお答えできませんのでご了承ください。

また、PayPalでの送金受け付けは試験的なものです。しばらくは様子を見てみますが、その後も継続するか取りやめるかは決まっておりませんのであしからず。
posted by O.Mizno at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq