2011年05月04日

Metasequoia Ver3.0 Alpha3公開

開発中のVer3.0の最新のα版を公開しました。更新点は選択コマンドへの機能追加と不具合修正です。

スカルプトには今回は何も手をつけていません。周辺を固めるのを優先しているというのもありますが、描き心地の向上というのはなかなか難しい課題という気がします。1ヶ月くらいのまとまった時間があればじっくり取り組みたいものですが、独立でもしない限りは現実的ではないですね。
posted by O.Mizno at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

MetasequoiaLE R2.4a公開

無償版LEの最新版R2.4aを公開しました。シェアウェア版Ver2.4.13をベースとしており、2.4.9〜13までと同等の不具合修正が行われています。

LE版の更新は約3年ぶりです。シェアウェア版では既に修正されていた不具合がLE版ではしばらく放置されていましたが、今回の更新でだいぶ改善されたかと思います。Windows 7にも正式対応しています。
posted by O.Mizno at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2011年05月01日

Metasequoia Ver2.4.13公開

頂点、面のIDが重複することがある不具合を修正したVer2.4.13を公開しました。IDを利用しているいくつかのプラグインで動作が改善するかと思います。

バックアップが複数箇所に分散しながら割と残っていたので、最低限の環境を思ったよりも早く復旧できて、迅速にリリースできました。しかしいくつかのデータが失われてしまったので、今後はリアルタイムでの二重化と定期保存の徹底が必要かもしれません。RAIDよりも複数の媒体に保存するほうが確実なようです。いや、わかってはいたんですが、、、
posted by O.Mizno at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2011年04月30日

GW中

NASが飛んでしまったので、えらいことになっています。最近は重要なデータをすべてNASで管理してたのにもかかわらず、完全なバックアップは取っていなかったので、何のデータが失われたのかさっぱりわかりません。ソースコードとかは少なくとも最新版が開発機内にあるので、今後の開発に支障を来す事はないですし、ある程度はバックアップが残っているものもあるのですが、長年にわたって収集していた開発資料やら、既にDL不可なフリーソフト類のいくつかは復活不可能かも。多少費用かかってもHDDのデータ復旧サービス利用すべきだろうか・・・。

前回も書いてますが、試用ライセンスの発行システムはgmail不可です。ここに書いても気付かない人多いだろうけど、NASが飛ぶとシステム更新などの対応もすぐにできない・・・。フリーのメアドを使いたい場合はyahooなど他でアカウントとって利用してください。

Ver2.4.13のリリースなどGWの連休中にしようと思っていたのに、環境再構築にだいぶ手間取られそうです。そんなこんなで、開発がはかどるどころか、つまらない復旧作業ばかりのGWになりそうです。温泉行きたいです。
posted by O.Mizno at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2011年03月21日

試用ライセンス発行時のメールアドレスについて

昨日あたりから急に試用ライセンスの発行メールが拒否されて戻っているケースが増えているようです。詳細は把握できていませんが、gmailを使用している場合、メールサーバーの仕様によって発行したメールが拒絶されてしまうものと思われます。申請したメールが届かない場合、お手数ですが別のアドレスを利用して再度申請を行うようお願いします。

対策については今後検討したいですが、、、せめて3連休前に判明していれば何かできたかもしれませんが、これからしばらくは手をつけられるかどうかよくわかりません。当面放置する可能性もありますので、ご利用の方はなにとぞご了承ください。
posted by O.Mizno at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2011年03月14日

近況

東京都内在住なので、地震の影響はさほどありませんでした。しかし、都内も今後は停電の話があったり、明日からの通勤・仕事も普通にできるの?など、よくわからん状況なので、しばらくメール対応は十分にできない可能性があります。

メタセコイアユーザーの中には、津波で壊滅的な状況になったと報道されている地域にお住まいの方もおられるようです。直接の面識がない方とはいえ、安否が気遣われます。また、一命は取り留めたものの、被災地で困難な生活を余儀なくされている方も大勢おられることと思います。非常に心が痛むとともに、一日も早く落ち着いた生活を取り戻せるよう祈るばかりです。
posted by O.Mizno at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2011年02月27日

Sketch-based Interfaces and Modeling


久しぶりの更新ですが、今回も洋書の紹介です。ペンデバイスなどで描いたラフな直線・曲線を元に、2D/3Dの図形を認識して図面・形状を構築する技術についての本です。

400ページ近くのうち、半分くらいが2D、残りが3Dについての内容になっています。3Dでのスケッチベースのモデリングについては、五十嵐氏がまずTeddyについて1章書いていて、あとの章ではその派生版についてという感じがしますが、あんまり細かくは読んでません。どちらかというとまず2Dが基本だと思うので、前半のほうを読みたいのですが、いかんせんじっくり読んでる時間がないです。前回に引き続きこれまた本棚に飾るだけになりそう。

ここしばらく非常に忙しいので、メタセコイアにも前回のβ版からほとんど手をつけていません。MikuMikuDanceの影響などもあってか、10年位前のCG雑誌が豊富だった時代よりもユーザー数が結構多くなっているので、てこ入れはしたいんですがね・・・。Kinectなんかも試してみたいとかはあるんですが、健康を害してまで休日にPC触るわけにもいかんですし。優秀な学生とか、ゲーム屋辞めて次の仕事探しているような人がいればプラグイン開発を依頼したいです。


posted by O.Mizno at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | CG

2010年10月31日

Polygon Mesh Processing


久しぶりに洋書を購入しました。Amazonがページだけ用意してて注文受け付けてないものだから、他の書店で買うというのも久々です。在庫がないので海外の取次ぎ経由にも関わらず、注文からたった半月くらいで届きました。一昔と違って国内の大手書店のWeb通販もなかなか侮れないですね。

"Polygon Mesh Processing"という本、タイトルの通りポリゴンメッシュの処理についての本ですが、著者が仏INRIAのLevy氏のグループ。Levy氏と言えばテクスチャUV自動展開のLSCM(Least Square Conformal Map)やそれに用いられる疎行列線形ソルバーOpenNLが有名だと思いますが、やはりこの本も氏のグループの研究を色濃く反映した内容で、今までにありがちなCAD系の形状処理本とはまた違った感じになっています。

しかし、メッシュのパラメータ化や修復、変形処理などをたった200ページ程に収めるのはちょっと無理があるというか、全体にさらっと流していて後はReferenceを参照という感じなので、深いこと知りたいなら直接論文読んだ方がいいかも。学生や若手研究者が読むための教科書ですな。ソースコードはほとんどなく数式の羅列なので、数学が苦手な自分は内容をほとんど理解できてませんが・・・。

もっとも内容を理解しなくても、同グループではGraphiteというオープンソースのソフトを公開していて、本に書かれている内容のうち少なくともいくつかは実際に試すことができます。CGALなんかもそうですが、ライブラリの充実したプラットフォームとしてのオープンソースのソフトが増えてきたなと思います。GPLとかのライセンスさえ気にならなければ、もはや個人や弱小研究室レベルでちまちま自前ライブラリを構築より、こういった既存のプラットフォームを利用したほうが遥かによいソフトが作れるだろうなという気がします。


posted by O.Mizno at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | CG

2010年10月02日

Metasequoia Ver3.0 Alpha2公開

Ver3.0のAlpha版を更新しました。今回はスカルプトは高速化だけですが、その他の機能面でも連続する辺の選択や、頂点カラーのブラシ描画ができるようになりました。

スカルプトは新しめのCPUだとポリゴン数20〜30万程度ならだいぶ軽く動作するようになりました。しかし50万を超えるとちょっと重たいです。さらなる高速化と、あと書き味になる部分がまだ全然手をつけてないので、今後の課題がかなり大きいです。

一応スカルプトがVer3.0の目玉ではありますが、基本的なポリゴン編集機能の強化も忘れてはいません。むしろスカルプトで大量のポリゴンが扱えるようになった分、選択機能なども強化する必要が出てきたとも言えます。

しかし、今のペースで開発しているとスカルプトがまともに使えるレベルになるのはいつになるやら。スカルプトがなくても全体的な表示高速化など色々メリットがあるので、適当なタイミングでいったん正式リリースしたほうがいい気がしてきました。今回はAlpha扱いですが、Betaや正式版への昇格は割と短いステップで行うかもしれません。
posted by O.Mizno at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | metaseq

2010年09月15日

遅延中

購入に関するもの以外のメールの返事が半月以上遅れたりしてます。特に急ぎでなければ気長にお待ちください。

基本的にメールは週末にまとめて書くのですが、週末が忙しいとあっというまに溜め込んでしまうのです・・・。
posted by O.Mizno at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談